頭ん中は広島弁

momo164go.exblog.jp
ブログトップ

お好み焼きの思い出

================================
8月のお題は「アルバイト」
8月10日(日)です!
よろしくお願いします!
================================

こないだの日曜日、「お好み焼きを食べた!」っていう方、ちらほら見かけました~。
私も家で焼きたいな~(しかし、ホットプレートもない・・・・)。

お店でお好み焼きを食べていて、子どもの頃のこと、思い出していました。

近所に4~5軒はあったと思います。
主婦の副業って感じでしたよね。
キャベツを載せただけの「お好み焼き」は、たしか10円でした。
そして、玉子を家から持参して、
「おばちゃん、玉子、生にして~」と頼んでいました。

「玉子の生」というのは、
ソースを塗ったお好み焼きの上面にざくざく切り目を入れて、
その上に玉子を割り、ヘラでかきまぜただけのもの。
半熟でもない、本当の「生玉子」でした。
今はもうそういうトッピングはないのかな?

そばやうどんを入れるときは、
「そば玉モダンにして~」とか言っていました。
三原市では、そばやうどんの入ったお好み焼きは「モダン焼き」っていうんです。

そうそう、亡くなった相方は、お母さんが庚午でお好み焼き屋(「じゃんぷ」という名前のお店)をしていたので、若い頃しばらくお店を手伝ったことがあるそうですよ。
「カープソース」でお好み焼きの修行もしたとか。
何分で何枚焼く、とか厳しかったみたい。
なので、お好み焼きを食べにいくと、うんちくをいっぱい聞かされました~。
もしかしたら、老後はお好み焼き屋をやってたかもね~。


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-08-05 14:58

~東京に住むもものすけ(♀)が広島弁で語るつれづれ~


by momonosuke164go