頭ん中は広島弁

momo164go.exblog.jp
ブログトップ

2014年 08月 16日 ( 1 )

少年野球夏の大会で

甲子園、高校野球で熱くなっていますね。
広陵高校、、、、、残念でした(><)。

各地では中学生も小学生も夏の大会をがんばっていると思います。

私も10数年前は息子のチームの応援に奔走していました。

ある公式戦のときのこと。
下の子を連れて区営グランドに向かうと、入口に救急車が止まって、人だかりがありました。
「何か、事故でも?」と思いながら近づくと、
「あ!お母さんが来ました!」と、知り合いのママが私の手を引っ張って救急車の方に連れて行くのです。
なんと、うちの息子が、ファウルボールの打球を頭に直撃されて倒れたとのこと。
区営グランドの決まりで、こういうときは必ず救急車を呼んで病院に連れて行くことになっているとか。

あわてて、救急車に乗り込み、都立病院へ。
救急車の中では、救急隊員の人が、
「名前は?」
「何年生?」
と、尋ねてて、息子ははきはき答えているし、吐き気もしないというので、
「大丈夫だと思いますが、念のためレントゲンは撮ってもらいましょうね」とのことでした。

救急外来でレントゲンを撮ってもらい、特に異常はないとのことで、
小1時間ほどで解放されました。
行きは救急車でしたが、帰りは徒歩です。
子ども2人を連れて、都立病院の門へと向かっていたら、
守衛室から守衛さんが飛び出してきました。

「きみ、野球やってるの?」
と、息子のユニフォーム姿を見て、うれしそうに話しかけてきます。
「はい」と答えると、
「ぼくもね、野球をやっていたんだよ。愛媛でね」
その一言に私はうっかり
「新居浜商業とかですか?」と尋ねてしまいました。
すると、どんぴしゃ!
「そうそう!新居浜商業なんですよ!」と守衛さんは大喜び!
私が高校生の頃は新居浜商業が強かったので、愛媛県というとそこしか思い浮かばなかったんですよね・・・・。
それでつい口走ったのです。
すると、まぁ、守衛さんの話が続く、続く。。。。
当時の思い出話が延々と・・・。
何度も話を終わらせようとするのですが、守衛さんは夢中です。

そのうち、
「この病院にもね、愛媛出身の人がいるんですよ。婦長さんとね、あと、、、、、」
と、話が広がってきたので、
「すみません、試合に戻らないといけないので」
と話の途中で、去ることにしました。

東京で、自分の母校について知っている人がいたらこんなにうれしくなるのかな~?
そういえば、私も取材先で三原の人に会って、「何中でした?」と思わず聞いたことあったっけ。
守衛さん、高校名を当てられてうれしかったんだろうな~。

と、思いながら、区営グランドまでてくてくと歩いて戻ったのでした。
戻ったらもう試合は終わっていましたが(息子は声出し係なので、試合には影響なし)。。。

もうずい分前の思い出です。


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-08-16 17:34

~東京に住むもものすけ(♀)が広島弁で語るつれづれ~


by momonosuke164go