頭ん中は広島弁

momo164go.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

きょうもブログ休みます

とても忙しくて、
自分のブログのアップも、ですが、
みなさんのブログを訪ねることもできていません(><)

きょうもブログ休みます。

ごめんなさい。


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-20 18:20

チケット、売る(涙)

カープが絶対に来てくれると思って購入していた東京ドームでの「ファイナルステージ」のチケット。。。。
残念ながら、不要になってしまいました。。。。

カープ、最後、失速しましたね~。
「ここ」というときに1本出てくれない(><)。

なので、きのう、試合が終わるとすぐさまチケットショップに行き、
入手していたチケットを売りました。
買取価格、半額でした(><)。

きのうの試合は、野村監督の最後の試合だったんですよね?
セレモニーはあったんでしょうか?
別の日に行われるのでしょうか?

最後の試合は勝ってほしかったな~。


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-13 16:04

10月のお題「ブログ」

10月のお題はもみじ日記様からの出題「ブログ」です。

「ブログ」というと、どうしても1つのことしか思い浮かばなくて、
それは、前に書いたこともある話なので、
「またその話か」と思われる方もいるかもしれませんが、
勘弁してつかあさい(←朝ドラ「マッサン」の影響)。

-------------------------------------------------
今でも私は3年以上前に亡くなってしまった相方の名前をときどき呼ぶ。
「ひろし君、大丈夫かねぇ?」
すると、必ずこう言ってくれる。
「大丈夫じゃけん!」
私の頭の中の勝手な会話だけれども、このやりとりで、私は勇気をもらって、
再び、ちょっと頑張りの必要な日常へと戻っていくことができるのだ。
このときいつも、
「27年間も交流が途絶えていたのに、再会できたのは、神様の『はからい』なのだろうか?」と思う。
偶然に偶然を重ねたような再会劇。それは「ブログ」がなければ起こらなかったことだった。

数年前のある日、私は東京の事務所で、アルバイトの女の子と芸能界のあれこれを噂していた。
彼女「最近、小栗旬くんがいいな~と思うのよ」
私「ドラマにもいっぱい出てるしね。そうそう、彼のお父さんは舞台監督なんだって。私の友だちがその事務所で働いてるんだよ」
彼女「へぇ、お父さん、なんて言う人?」
私「えっと・・・・・・・」
名前がすぐに出てこない。
私「そだ、友だちの名前で検索したら彼の事務所がヒットするから、そこで調べられるよ」
と、友人の名前「M」で検索をかけた。
もちろん、事務所の名前もヒットした。小栗旬くんのお父さんの名前もわかった。
その下にヒットしたのが、ひろし君のブログだった。
「巡る巡るめぐる縁(えにし)はかざぐるま|天空の学び舎日記」

友人Mの名前でヒットするには不思議な題名に、思わずクリックをする。
すると、誰かのブログのページが開いた。
読み進めると、
「M氏。
学生時代の友人です。親友といってもよいでしょう。
イタリアに国費留学した話以来、所在が分かりませんでした。
お互いに行方を捜していたのですが
皆目分からずその日に至っておりました。
その日、
学び舎に通っているKさんのお母さんが突然来られて
彼と同じ声楽の先生に習っていたということで
あるパーティでたまたま会い、塾の話になり
わたしの名前を聞いて、M氏がびっくり。
おかげで
最近メールでやり取りできるようになったのでございます。」

えええ、M君と親友だった人?
しばらく行方知れずだったのに、最近メールでやり取りできるようになった人?
ひろし君だ!きっと!
高校時代、M君のまわりをちょろちょろして、いつも叱られていたひろし君の姿が目に浮かんだ。

でもブログの主の名前は違う(彼はペンネームを使っていたから)。
本当にひろし君なんだろうか???
ブログを何ページかていねいに読んでみる。
どうやら学習塾の先生みたい。
「中学校の先生になりたい」って言ってたけど、塾の先生になったのかな?
京都にいると思ったけど、広島にいるんだな。

すると、右端にどうやらこのブログの主が勤めているらしい学習塾のホームページへのリンクを見つけた。
クリックしてみる。
!!!!!びっくり!!!!!!
そのホームページに載っている塾長の写真は、歳は取っているけれどもまぎれもなく「ひろし君」だった。
くせがあった髪はもう心もとなくなっているけれど、くりんくりんの目は高校時代のままだ。

私は思わず、ブログのコメント欄に、「覚えていますか?」と記入した。
翌日「忘れるわけないですよ!」と返事をもらい、
小栗旬くんのパパの名前を失念したことから始まった偶然は、
27年ぶりの再会を導いてくれたのだった。
彼がブログを書いていなかったら、再会はかなわなかったはず。
彼がM君のことをブログに書いた翌日に、私が検索で見つけたのは
単なる偶然だったのだろうか?

それからおつきあいをするようになって、
「お互いがお互いの人生の証人」になれるほど語り合って、
さぁ、これから、というときに、彼は天国へと旅立ってしまった。

亡くなってしまっても、彼は私を励ましてくれる。
そして、
「亡くなる前に会わせてくれたのは、神様の『はからい』?」と思うたびに、
「だったらなぜ、こんなにあっけなく彼を天国へと連れて行ったのだろうか?
そんな『はからい』は、いらない」
と、思う。

足元が心もとなくなってくると、彼の「ブログ」を読む。
冗談をいっぱい言って笑わしてくれた日々がよみがえってくる。
いろんな言葉が私の背中を押してくれる。
もう新しい書き込みはないのに。

彼のブログは、私にとって、再会を感謝する気持ちと、早世を悔やむ気持ちとが
ないまぜになった、複雑だ、けれども宝物、でもある。

-------------------------------------------------
で、気になるのは生前、彼のブログのランキングはどのくらいだったんだろうか?
ということです。
「学習塾」というカテゴリーでは1位だったと思うのですが、
全体ではどのくらいに位置していたのかな?


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-12 09:24

ミュージカルを堪能~

ゆうべは娘と一緒に音楽座ミュージカル「地下鉄(メトロ)に乗って」を観に行きました。
友人がチケットを譲ってくれたのです。

c0327574_18194855.jpg

「メトロに乗って」は、映画を観たことあるので、ストーリーはわかっていて、
音楽と踊りを楽しみに行きました。

みんな、うまい~!
こんなに演じる人がいるんだ~。

最後はスタオベ!
ファンがいっぱいいる感じでした。

広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-11 18:23

皆既月食

ゆうべの皆既月食、
東京の空でも見えました!

c0327574_12423229.jpg
画像は拝借(自分のデジカメでは全然撮れなかった(><))。

しばらく夜空を見上げていました~。


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-09 12:43
カープ、3位に終わって残念でした。。。。。
でもCSファーストステージは、勝ち抜くと信じています。

というわけで、、、、

c0327574_13315814.jpg
東京ドームでのファイナルステージのチケットを買ってしまいました!
第3戦です。
きっと、カープは来てくれる!
がんばれ~!

広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-08 13:33

我が家も被害者?!

先日、ベネッセコーポレーションから、「情報漏えいのおわび」の手紙が届きました。

c0327574_08435125.jpg
え~~~?!
我が家の情報も漏れてたの?!?!

子どもたちが進研ゼミをやっていたのは遠い昔。
ベネッセからダイレクトメールが届くこともなくなっていたので、
てっきり、「うちは関係ない」と思っていました。

一度登録した情報はずっと残るのでしょうか?!
(システム作っていた側としては、ずっと残る理由はわかるんですが。
フラグを下しただけでデータは消えてないんですよね・・・・)


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-07 08:47

世界のビール!

土曜日は、須賀敦子の世界展のあと、横浜で世界のビールを飲んできました!

c0327574_12470467.jpg
場所は、ランドマークタワーの真下!

c0327574_12473911.jpg
「世界のビール博物館」というお店です。

c0327574_12480344.jpg
最初は、「シュパーテン・ミュンヘナーヘル」という、ドイツの「元祖ラガービール」を。

c0327574_12491028.jpg
次は、チェコの「ヨジャック・グランド・プレミアム」という青りんごの香りのするビール。

c0327574_12501413.jpg
ベルギービールははずせないだろうと、「ブルックス・ゾット」というベルギー・ブルージュを代表するビールを。

どれもおいしかったです~!!

久々に会った友人とも話がはずんで、帰宅すると深夜でした~。


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-06 12:53

須賀敦子の世界展

きのうは、横浜の神奈川近代文学館で開催されている「須賀敦子の世界展」に行きました。
日本で、初めての展示会だそうです。

c0327574_08222198.jpg
神奈川近代美術館は、港の見える丘公園の中にあって、横浜ベイブリッジも見えます。

c0327574_08230364.jpg
私は、平成6年に「ミラノ 霧の風景」を手にして以来のファンで、
全集も揃えました。
彼女が翻訳した、アントニオ・タブッキやナタリア・ギンスブルグ、ユルスナール、ブルーノ、ウンベルト・サバなども読みました。
彼女の言葉は厳選されていて、行間にさえも酔わされてしまうほどです。
特に詩集の、絶妙な改行。
61歳でデビューという遅咲きであること(満を持して、かもしれませんが)と、その後わずか8年で亡くなられたことが惜しまれます。
c0327574_08232183.jpg
一番好きで、何度も何度も読んだのは「コルシア書店の仲間たち」。

当時、子ども2人を抱えて孤軍奮闘していた私は、
「孤独」にちゃんと向き合わないで、誰かや何かに寄り掛かりたい気持ちで暮らしていました。

そんな私を、「コルシア書店~」に出てくる人たちはなぐさめてくれたし、
あとがきの「人間のだれもが、究極においては生きなければならない孤独と隣あわせで、人それぞれ自分自身の孤独を確立しないかぎり、人生ははじまらない」というフレーズに励まされてきました。

彼女がイタリアと日本との間で生きている様子を、自分の、広島と東京の間で暮らしている状態と重ね合わせたり、コルシア書店の仲間たちを、かつて私が働いていた職場の仲間たちと重ねたり。。。
まるで自分の物語のような感覚でした。

それから、うれしかったのは、これまた尊敬してやまない、福岡伸一さん(分子生物学者)もまた須賀敦子さんのファンだということです。
残念?ながら、福岡さんは、須賀さんが亡くなられてから著作に触れたそうで、
もし、須賀さんの生前に福岡さんと出会われていたら、おそらく、化学反応を起こして、貴重なものが生まれていたのではと思うのです。

須賀さんが気にしていた絵の片割れを福岡さんが発見されたことも、もし須賀さんがご存命ならとても喜ばれただろうな、と。

須賀さんは亡くなられたので、全集以上の著作はもう出現しないのですが、編集者の方の回想や、彼女の歩いた道などをまとめた本が出版されていて、私は再び須賀敦子ワールドにひたりそうです。


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-05 08:38

きんもくせいの香り

町を歩いていて、きんもくせいの香りが漂ってきたので、
「秋だな~」と感じました。

c0327574_13070950.jpg
子どもの頃、「この花を集めたら香水ができる!」と思いついて、
たくさんたくさん摘んできて、
花をつぶして、汁をビンに入れたら、、、、、、
ただの、「草臭い汁」になってしまった思い出があります。
花のまま取っておけばよかったんでしょうね。


広島ブログ


[PR]
by momonosuke164go | 2014-10-03 13:09

~東京に住むもものすけ(♀)が広島弁で語るつれづれ~


by momonosuke164go