人生は「沼」の連続

momo164go.exblog.jp
ブログトップ

「半分、青い」と「くらもちふさこ沼」

大学生になって広島市内でひとり暮らしを始めた私は、解禁された漫画を読みまくり、早速はまった沼は「別冊マーガレット」の「くらもちふさこ」。「おしゃべり階段」「いつもポケットにショパン」…彼女の描く世界に憧れ、バイブルのように感じていました。私の青春時代の教科書だったな。

単行本は全部持ってたし、卒業後上京して、結婚して生まれた子どもの名前を彼女の作品の主人公から付けたくらい。

この春、「くらもちふさこの漫画がNHKの連ドラに登場する」と聞いて、わくわくして見始めた「半分、青い」。ちょうど池袋パルコで「くらもちふさこ×いくえみ陵原画展」が開催されていて、それを見たせいもあって、再び盛り上がっていたくらもちふさこ熱。

トヨエツ演じる秋風羽織は面白くて、鈴愛の「暴言」にイライラしながらもドラマは楽しんでいるのですが、だんだん、「秋風羽織の作品をくらもちふさこの実際の作品にしない方がよかったんじゃないか」と思い始めました。くらもちふさこの作品に流れる「彼女らしさ」と、秋風羽織の人物像がだんだん離れて行ってしまって。。。。。

でも、ドラマのストーリーに漫画のストーリーが出てくるわけじゃないし、「大物漫画家」という設定に使っているだけだと割り切ってみることにします。

これから幼馴染の律くんと鈴愛はどうなっていくんでしょうね。

d0389991_07115458.jpg


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-06-14 21:00 | Comments(0)

広島出身東京在住のもものすけ(アラ還おばさん)のつぶやきです。


by momonosuke