人生は「沼」の連続

momo164go.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

⑦パパさんからの8月の「お題」、迷わず「キャンプ」にしたのですが、そういえば「合宿」にも思い出があるな~と。

それは、長男が小学生のときの少年野球団の合宿です。いつもは1日だけ日帰りで娘を連れて参加していましたが、3年生のとき、うまく仕事の休みと合って全日(3泊4日)参加したことがありました。

お父さんたちはコーチになって、お母さんたちはもっぱら料理をしたり(昼食だけだけど)、水分補給をしたり、でしたが、ときどきはノックの手伝いもしたりして、高校時代野球部のマネージャーになりたくてなれなかった私は、「やっとマネージャーになれた!」気分でせっせと働きましたよ。スコアブックのつけかた教室もあったりして。南ちゃんになった気分でした。

深夜に「おうち帰りたい~」と泣き出した1年生がなぐさめてもなぐさめても泣き止まず、お父さんに電話をしてはるばる埼玉県まで迎えに来てもらったことを覚えています。

我が家はシングルマザーだったので、兄の野球に私がついていくときはもれなく娘と一緒で、娘はいつもグランドの隅でお絵かきしたり草を摘んだり、同じようにお兄ちゃんの付録で来た女の子と遊んだりしていました。

d0389991_11085553.jpg
お兄ちゃんの合宿に連れていかれて退屈している娘


遠征が多いときは毎週日曜日ということもありましたが、娘は本当によく付き合ってくれました。


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-21 12:03 | Comments(2)
私の父はアウトドア派でして…。
子どもの頃は、山登り、飯盒炊爨、海水浴、釣り…と休日はほとんど自然の中で過ごしていました。

夏はもちろんキャンプです。
1シーズンで2回くらいは行っていたんじゃないかな?

父が突然「明日からキャンプ行くぞ!」と言うと、皆一斉に準備に入ります(「わーい!」って感じじゃなくて、「行かなきゃいけない」という使命感で、まるで軍隊みたいだった…)。

テント、飯盒etc.道具を揃える子どもたち、スーパーに買い出しに行く母、黙々と準備が進み、翌日早朝に三原を出発。国道2号線を11km走って(全員自転車)、尾道に行き、フェリーに乗って向島に。島を半周回って、今因島への橋がかかっているあたりのキャンプ場に行っていました。(あ、因島から手漕ぎの船に乗って無人島に行ったりもしてた)

今思えば、あの歩道もない海岸沿いの国道2号線を、トラックもびゅんびゅん走る中自転車6台連ねて走って、よく事故もなく乗り切ったな〜と、、、、。

私が中学2年のときでした。いつものようにテントで寝ていると、早朝父に叩き起こされ、「テントたため!今から帰るぞ!」。「まだ1泊目なのに?」といぶかしがっていると、どうやら父が前日に海にもぐったとき鼓膜が破れ耳の中に海水が入ったのが、夜中にざあざあ出てきて「やばい」となったらしい。すぐに病院に行かなくちゃというわけで撤収。

魚をもりで突こうと思って海に深くもぐろうとして、岩を抱いて飛び込んだら、急に水圧がかかったせいで鼓膜が破けたとか。。。無謀な父。

当時38歳だった父ですが、以降何度手術しても結局左耳は聴こえるようになりませんでした。

それでも父のキャンプ熱は冷めず、自分の子どもらが家を離れた後は、おいやめいを連れていき、孫が生まれてからは孫たちを連れてのキャンプ。

ちなみに、広島市に引っ越してからはもっぱら龍頭峡のようです(というのは、私は一緒に行ったことないから。子どもだけ預けてたし)。東京っ子のうちの子たちもキャンプは楽しかったようです。父に感謝してます。

d0389991_17242846.jpg
龍頭峡(ホームページより)


[PR]
by momo164go | 2018-08-20 12:23 | Comments(2)
7月に「題名のない音楽会」で三軒茶屋まで行ったとき、帰りにピザを食べました。

瀬戸内バル Collabo」というお店。

d0389991_07582925.jpg
肝心のピザの写真がない…。

お兄さんがワンオペでやりくりしていて(2階もあるのに)、大変そうで、思わず娘に「ここでバイトしたら?」と言ってしまいましたよ。

こうして娘と遊ぶのもあと1か月弱です。(9月中旬にロンドンへと行ってしまうから)今のうち遊んどこ。


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-19 12:42 | Comments(0)

題名のない音楽会

これまた1か月以上前のことですが、
テレ朝の「題名のない音楽会」の入場券が当たりまして、収録に行って参りました!

d0389991_07443445.jpg
昭和女子大の人見記念講堂での収録です。

放送は9月と10月なので、内容はまだ内緒。


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-18 12:42 | Comments(0)

久々に横浜

もう1か月くらい前だけど、友人に会いに横浜に行きました。
何年ぶり?!

前職では隔週くらいの割合で新横浜には行っておりましたが(でもそれは新横であって横浜ではない)。

d0389991_07273616.jpg
みなとみらいの観覧車を見ながらのワイン。

d0389991_07290393.jpg
お土産は、ちょうど池袋東武に出店していた広島モーツアルトのお酒のゼリー。
ふるさと三原の「酔心」と厳島神社のお神酒を作っている小泉本店の「御幸」を選びました。

副都心線が開通して雑司ヶ谷から横浜まで1本で行けるようになりとっても便利。

時間が許すまでしゃべり倒して帰ってきました。


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-17 12:24 | Comments(0)

マジック点灯!

8月2日に「球団最速」でマジックが点灯するかもという淡い期待は見事に消え去り、昨日、やっとマジックが点灯!!
今朝のzipの冒頭でも桝さんが喜んでましたね!!

先日、美容院に行ったとき、鏡の前にスマホを置いたとたん、美容師さんに「カープファンですか?」と言われました。

d0389991_07031620.jpg
こんなスマホなもんで。(本当は「春田流虎の巻」のアクリルキーを見て「わんだほう!」って言ってほしい…)。

その美容師さんは西武ファンでしたが、息子と同い年で、美容院出るまでずっと野球の話で盛り上がりました。

でもまだ「自分もカープファンです」っていう人には会ったことないんですよね~。


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-16 12:00 | Comments(4)

ガス代激減!

きのう、ポストに入っていたガスと電気の検針票。

d0389991_20161691.jpg
ガス代、2,409円ですよ?!
去年の8月は4,148円だったのに!

びっくりしていると長男が、「あ、俺ら、最近水のシャワーしか使ってないから」とのこと。
どおりで水道代は変わらないわけだ。
あまりに暑いからお湯にする気にならないんだって。

ガス代安くなって狂喜乱舞。「浮いたお金で何買おっかな〜」と浮かれていたけど、よくよく見たら、電気代は昨年8月より2,000円も多く使っていて、トータルでは全然浮いていないのでした。
暑くてずっとエアコンつけてるもんね…。

ガスも電気も東京ガスにまとめたことで、年4,000円くらい光熱費は減っているのですが、カープの試合を見る度、中国電力の菊池くんとエルドレッドのコマーシャルを見てしまい、「関東の方でも中国電力に入れます」という文言に迷わされています。だって、ときどき「関東からマツダスタジアムツアーご招待」という企画をするんだもん。応募するには中国電力にしないといけないんだもん。


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-11 12:13 | Comments(0)

モリコーネに涙

何気なく、ホント、何気なく、
「久しぶりにモリコーネ、聴いてみよう〜」と思って、CDかけました。

d0389991_17415559.jpg


そしたら「海の上のピアニスト」の「愛を奏でて」がかかったとたん、なぜか涙がぼろぼろ。
自分でもびっくり。

この映画を見たのは長男が5年生、長女が2年生のときなのですが、当時はシングルマザー生活になかなか見通しが立たず「そろそろギブアップして広島に帰った方がいいのではないか」と迷っていたときで、でも次の連載のオファーが来てしまい、「これを引き受けたらしばらく広島には帰れないぞ、どうする自分?」と進退極まっていたときでした。

「ま、連載は2年だし、今回は引き受けるか。その次どうするか考えよう」と「広島に帰る」という選択については「保留」にしたのですが…。

長男が6年生になって新学期始まってから「中学受験したい」と言い出し(みんな4年生のときからお受験対策してるのに、こんな時期から無謀だよ)、まったく想定外の展開に「これはもう広島には帰れない」と「どこまでも東京で頑張る」決意をしたころのことを思い出してしまったのでした。

つか、最近なんでか昔のことを思い出してしまうのは、誰でも節々であることなのでしょうか?次に進むために今までのことを整理する時期なのでしょうか?


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-10 12:38 | Comments(0)

ロケ地めぐり

この2か月間で、「おっさんずラブ」(全7話)を6回も見てしまったのは私です(もはや中毒)。
何回見ても新しい発見があって、笑って、泣く。

で、毎日のように通るロケ地「大勝軒」(公式ブックでも紹介されていた!)の写真をやっと撮ったのでアップします。

d0389991_22142670.jpg


d0389991_22143680.jpg


d0389991_22144360.jpg




d0389991_22145118.jpg


あ~、撮影時娘が通りかかって「林遣都くんがいる!」ってラインくれたときに、すぐにすっ飛んでいけばよかった(後悔してもしきれない…)。


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-09 12:12 | Comments(0)
「おっさんずラブ」の公式ブックは、発売は本日8日なのに、4日にはフライングで書店に並びまして。。。ネットで注文した人は8日の配達を待ちきれなくて書店に走るという(ええ、私も)現象が起きました。

d0389991_18262071.jpg

でも大型書店のない町の人は配達を待つしかなく、その人たちのために「#公式本のヤバさを中身に触れずに伝える」というタグが登場して、ネタバレしないようにこの本の素晴らしさを伝えるのが流行りましたね。

d0389991_18284636.jpg
フライング販売している書店もノリノリ!


そういう「OL民(「おっさんずラブ」の沼にはまっている人たちのこと)」の言動が面白すぎて、ますます沼にはまっていくという何効果?何現象?もはや一大ブームではないかと。。。すでに重版出来で15万部出すそうですよ。1人で2〜3冊買っている人がいっぱいいるとしてもすごい数。

かくいう私も公式ブックをフライングゲットし、出勤前に喫茶店で読んだときは動悸が止まらなくなって、「この状態で仕事に入れるのか?!」状態でした。

私は以前編集や制作の仕事をしていたせいか、この素晴らしいドラマを「ものづくり」の目線で見てしまって、プロデューサーと脚本家の対談に胸を締め付けられてしまったのです。こういう現場で仕事したかった〜!!!

振り返れば、そういう熱い現場に携わるチャンスはあったんだけど、(大好きな雑誌の編集部に声かけられたり、とか)、でも、当時は子どもたちがまだ小学生とか保育園とかで、子どもをみてくれるおばあちゃんのいないシングルマザーが残業が多い編集の仕事は無理と泣く泣くあきらめたこともありました。

でも、それは言い訳かな〜?本当は自分の力に自信がなくて、飛び込めなかったのかな?子どものせいにしただけなのかな?と思ったり。子どもも大きくなり連載を何個もこなしてそれなりの手応えも持った今だったら飛び込める、と思うけど、すでに歳はとっていて「フリーランス」しかなくて、生活を考えるとそこに飛び込む自信はなくて。迷いながら選択してここまで来た感じです。(今でもときどきプロジェクトの声はかかるけど、今の職場が副業禁止なので断るしかなく…)

それに、いつも面白い現場というわけではないし。よいしょしたくないのによいしょする記事を書いたときの悶々とした気持ちを思い出すと、ものづくりの現場に戻るのは「強靭な精神のない私には無理」と思ったりです。

そういう迷いがまだあるせいか「おっさんずラブ」の公式ブックを読むと、再びものづくりの現場に戻りたくなって動悸が止まらなくなったのでした。う〜ん、私はこれからももっと成長すべきなのか(成長できるところに身をおくべき)?!そういう点でも心震わせられたドラマでした。


広島ブログ

[PR]
by momo164go | 2018-08-08 12:00 | Comments(0)

広島出身東京在住のもものすけ(アラ還おばさん)のつぶやきです。


by momonosuke