人生は「沼」の連続

momo164go.exblog.jp
ブログトップ

10年前の映画を観る

私、、、TSUTAYA DISCUSを利用してまして。。。
月1,008円(税込)で、4枚のディスクが借りれるというサービスです。
ディスクはネットで注文。
常に50枚くらいリストアップしていて、その上位から毎月4枚郵送されてきます。
観終わったらポストに投函するだけ、という手軽さ。

1枚252円と割高ですが。。。
徒歩5分のところにあるTSUTAYAの店舗に行けば、130円で借りれるというのに。。。
ネットでは店舗にないようなマイナーなものが観れるのと、
「締め切りがない」というのと
「店舗だと返しに行くのが面倒くさい」という理由で、
かれこれ12年くらい?利用しています。

で、たまにあるのが、「いつ、何が理由でリストに上げたのかわからない映画」を観るという現象。
常に50枚くらいリストアップしているので、リストに入れた順に観ると1年後になってしまう。
それですぐに見たいものを上位に回すと、いつまでたっても下位になってしまう作品が出てきます。
そういう「何年も塩漬けになっていた映画」が予期せず送られてきて、
「なんでこれ、頼んだかな~?」と思いながら観ることがあるんです。

そういう作品だった「しあわせのかおり」。2008年、10年前の映画です。

d0389991_14091489.jpg

金沢の小さな中華料理店で起きた、小さな出来事。
ていねいに作られた映画で、「エンターテインメント」ではなく「文化芸術作品」です。
年老いた中国人料理人を演じた藤竜也が良かった!
まだまだ少年っぽい田中圭くんもいて、「彼はたくさんのいい現場で鍛えられたんだな~」と思いました。

「人生って『生きる』ことなんだ」。
当たり前なんだけど、しみじみそう思わせてくれた映画でした。

エンディングのJUJUの歌も良くて、エンドロールを観ながら聴いていたのですが、キャストの中にまっしー(眞島秀和さん)の名前を見つけ、「どこに出てた~?!」。

もっかい観ようかな…。



広島ブログ

[PR]
# by momo164go | 2018-11-06 12:01 | Comments(0)

広島出身東京在住のもものすけ(アラ還おばさん)のつぶやきです。


by momonosuke